中学受験は、小学校の早い時期から子どもの学習への意欲を高めます。
文部科学省の学習指導要領をはるかに超えた学習は、子どもが本来持っている知的好奇心をくすぐります。
賛否両論ありますが、この時期の子どもにとって良い刺激を与え、大変効果的なものです。
親や家庭環境の影響などで、はじめから学習意欲の高い子どもが中学受験にのぞむ割合が高いと言っても過言ではありませんが、我が子のことを部活動中心で考え中学受験なんて全く頭にないというご家庭こそおすすめのものです。
学習環境にも恵まれ、子ども自身学習への意欲が高い場合、中学受験をするメリットは高いです。
受験を通して鍛えられた強い意志や根性は、必ず進学後の活動にもいかされます。
さらに高校受験がないので、ある場合と比べ中3で部活動の引退がありません。
学校によっては、中3から高校生と一緒に活動ができるところもあります。
スムーズに、高校へと繋がることができます。
学習面においても、先輩の話を早めに聞ける点などもメリットがあります。
高校入試で、中3の1学期くらいまでに引退した時、運動部に所属していた子どもの場合、顕著に肥満体型になる割合が増えます。
中学受験のメリットは、高校入試がないことで親子共に受験への学習のストレスがないだけでなく、子どもが運動を続けられ、肥満を心配することなく、体力を高め続けることができます。