中学受験は、早ければ早いに越したことはありません。
難関校への合格を目指すというのなら早めに勉強を始めた方が良く、早い人だと小学校3年生から、遅い人でも4年生くらいから受験勉強を始めています。
ただ、意識して勉強をしなくても、普段からきちんと勉強している子どもであれば、小学校5年生、6年生から初めても合格できますが、それは、勉強する習慣がつていて基礎ができているので、少しくらい遅れても追いつくことができるからです。
どうしても行きたいという学校があるのなら、志望する学校のレベルが高ければ多くの勉強時間が必要になってくるので、小学校4年生から中学受験の勉強を始めるが最良です。
中学受験をするメリットは、私立中学校は設備も充実していることが多く、受験に向けた学習カリキュラムが充実しているので、授業内容が濃いのが特徴で、学力アップが期待でき、個性をのばすことができるということです。
先生の質も高く、指導方法もよく、中高一貫校に進めば大学に進学しやすくなります。
いい高校や大学に進学できる可能性が高くなって、高学歴を目指すことも可能です。
また、私立中学はいじめに対しても迅速に対応してくれるのもメリットのひとつです。