子供を中高一貫校にいかせたいという親御さんの多いです。
中学受験のためには、しっかりと塾にいって勉強していく必要があります。
それは、中学受験の試験ないようが小学校の学力よりも難易度が高いということと、試験内容が広範囲に及んでいるために、ずっと勉強していく必要があるからです。
ではそんなに大変な思いをしてまで中学受験をするメリットというのはどのようなものなのでしょうか?それは勉強に対してや、興味のあることに対しての意識が高い友人と知り合えるということです。
中学受験という過酷な戦いを経て進学してきた生徒ばかりですから、根性がありますし、意識が高い生徒が多いということもメリットです。
また中高一貫の場合6年間同じ環境で学んでいくので、友人関係が濃厚になっていけるということもあります。
とくに10代という思春期に6年間同じ環境に身を置く環境は、そうないからです。
その中で部活も中学生と高校生が一緒に部活をやったりすることで、人間関係を学べるということはとても重要なことになります。
その時期にしっかりとした友人関係になれることはその後の人生にもよい経験になりますし、一生の友を得ることにもなるのです。
ですから大変な思いをしても、中学受験にはそれほどの価値があるといってもいいでしょう。