中学受験の学習は、中学受験をしない場合でもメリットはがあります。
高校入試や大学入試だけでなく資格取得試験の学習や定期テストの学習に活きていきます。
普段の授業も学習塾の学習で培ったポイントを見抜く目が役立ち、要所を抑えることができるようになります。
それは学校教育を超えた内容を短時間で学習したからです。
覚えるものを覚えた経験は、中学以降のテスト勉強に役立ちます。
応用力を鍛えるための練習は、思考力を問う問題で、いくつかのアイデアとなり問題アプローチを適切に行うことができるようになります。
高校入試問題よりも中学入試問題の方が思考力を問う問題が多いからです。
高校入試音大では方程式を造れば簡単にできる問題も中学入試問題では流水山や通過算などを使って解きます。
その思考は将来の思考法に繋がります。
また中学受験のための学習は中学内容を先取りしている部分も数多くあり、中学学習の予習に等しいのもメリットです。
勉強方法を身につけるのが早ければ学習習慣になります。
悪い学習習慣が身につかない間に自分の勉強方法を身につけられれば、将来の家庭学習の礎になります。
悪い学習習慣を修正するには時間がかかります。
勉強方法は小学生の間に身につけておくと良いでしょう。