中学受験をする理由の1つとして風紀面の指導がメリットに挙げられます。
入試を経験し入学するため、中学が求める生徒要件を満たしていなければ入学することができません。
世の中は色々な考え方を持った人がいます。
公立中学は社会の縮図です。
そして通う子どもは、多感で伸び盛りのティーンエイジャーです。
色々な刺激を受け、人格が形成されていく時期の子でもです。
風紀の乱れは生活の乱れに繋がります。
子どもが悪い影響を受けずに、真っ直ぐに成長してほしい、と誰でも親なら願うでしょう。
その悪影響の要因をできるだけ排除できる方法が中学受験です。
入学した中学の学友たちは、同じレベルの学友たちになるというメリットがあります。
中学受験を経て入学する大部分の中学は、キリスト教や仏教を基盤に倫理観や生活上の規律を指導しています。
人格形成期に、学問を教える一方で、倫理観を教えているため、考え方が常識的になります。
多くの私立中学は、軽視されがちな倫理について時間を取って指導しています。
豊富な人材の教師陣に恵まれ、生活態度や考え方の点で専任の講師を抱えているため、手厚い指導を受けながら成長できる環境を与えることができます。
殆どの私立中学では、自校の存在意義を確保するため、反抗期を迎える子どもたちに、清く正しい生活指導をする教育を施しています。