義務教育で公立校に通うことが多い中学校ですが、中学受験をする子も増えています。
中学受験をするにあたり、はっきりさせておきたいのが志望理由とその学校に入学した場合の目的です。
私立校と公立校の大きな違いは学校独自の教育方針がある点と中高一貫教育を行っているという2点です。
公立校では全国でほぼ一貫した教育を行っているので学校ごとの違いはありませんが、国の方針が変わればそれに合わせて変わっていきます。
代表的なものがゆとり教育です。
しかし私立校の場合、教育方針というのは多くの親子が学校を選ぶ際に重要視する部分でもあるので、あまり変わることがありません。
学校の教育方針や教育理念と子供の性格や個性にあう学校選びをすることで子供自身の才能を伸ばすことも可能です。
また中高一貫校であれば中学高校の計6年間で授業時間を分配しながら勉強ができるため、大学受験にも余裕をもって望むことができます。
学校ごとに教育方針などに大きな違いがありますし、教育にかかる費用も違います。
将来の目標や目的が決まっている場合には中学受験をすることも人生の選択肢が増えることが一番のメリットかもしれません。
ぜひ学校の設備やブランド以外でも子供の個性を伸ばすことができそうな環境かを見極めてください。